おいしい発芽玄米の栄養・効果効能の解説

発芽玄米 ランキング 通販

発芽玄米の栄養・効果効能  -おいしいお米通販人気ランキング

発芽玄米とは?  

発芽玄米とは、玄米を水に浸し、わずかに発芽させたのが発芽玄米です。

玄米は、発芽の際に眠っていた酵素を活性化し、米の内部(胚乳)に蓄積していた栄養分を分解して、次世代の胚芽の為にそれを供給します。その為発芽玄米は玄米よりも栄養価が高いのです。

白米を「死んでいる米」、玄米を「眠っている米」とするならば、発芽玄米は「生きている米」といったところでしょうか。
発芽玄米 ランキング 通販・宅配

通常玄米は、そのまま普通の炊飯器で炊くと、お米を包んでいる糠層の消化が悪く、食感も悪くぼそぼそになるために、前もって水に浸しておく必要があります。

一方発芽玄米は発芽の際に水に浸した際に細胞壁が分解され、発芽による糖化酵素の働きにより胚乳や糖層もやわらかくなるため、白米と同様に手軽に炊飯する事ができます。

言い換えると、発芽玄米が、白米との混合炊飯も可能であるとも言えます。玄米では、そもそも炊飯の前準備から白米とは異なりますので、混合炊飯は難しいですが、

発芽玄米でしたら白米に好みの割合で混ぜ込んで、白米には無い栄養分を補助する事が可能です。

また近年、コメアレルギーの原因となるアレルゲンが、発芽玄米では、白米や玄米に比べ低減化されていることも発見されています。軽度の米アレルギーの方は、発芽玄米を試してみるのも良いかもしれません。

GABAの栄養と効果

これらの事が注目され発芽玄米は、最近は健康食品として人気が出てきています。発芽玄米の中に含まれる「GABA(ギャバ)」(ガンマ・アミノ酸)という成分が、抗がん作用や痴呆症に効果的で、その他、動脈硬化や肝機能・腎臓へも有効とされています。

また、脂肪を減らす効果も認められています。
gaba 栄養

GABA(ギャバ)の成分は、抗がん薬として医療の世界では、以前から使用されている成分で、発芽玄米のGABA(ギャバ)の含有量は、白米の10倍にも及びます。

GABA(ギャバ)以外の成分でも抗ガン作用・貧血・高血圧・高脂血症・結石の防止・ダイエット効果から、脂肪肝を防止する働きや、メラニン色素の成分を抑えシミやシワも防ぐ機能を持っているとも言われており、他にも視力が回復、白髪が黒くなったという報告もあります。

発芽玄米と白米の栄養素の比較

発芽玄米と白米の、主な栄養分の含有量を比較すると、次のようになります。発芽玄米の栄養

主要な栄養素の比較をすると

ビタミン類・・・発芽玄米は白米の約2~2.5倍

ミネラル類・・・マグネシウム約5倍、カリウム約3倍、カルシウム約1.5倍

食物繊維・・・約5~6倍

ギャバ(GABA)・・・約10倍

となり、発芽させただけでまるで別物の食品のように変化しているのが分かります。

その他の発芽玄米の栄養素

他にも発芽玄米に含まれる栄養素には

ガンマーオリザノール・・・皮膚の老化防止・皮膚の血液循環促進・自律神経失調症の緩和・更年期障害やそれに伴う不定愁訴の緩和

IP6・・・抗酸化作用・抗ガン作用、腸内環境の調整・消化に関わる器官の運動の活発化・糖や脂質の消化吸収の抑制・便秘の予防・高コレステロール血症の予防

亜鉛・・・味覚異常の予防・生殖機能の正常化

等の有効成分があり、現在もその効果の研究が行われています。

発芽玄米の効果

生活習慣病の予防

また小さな子供の場合には、栄養価が高いことに加え、発芽玄米は普通の白米ご飯に比べると、食感にやや噛みごたえがあり、自然と噛む回数が増えるという効果があるという事も指摘されています。

このよく噛むという行為によって、唾液が十分に分泌されて消化吸収が促され、さらにアゴや脳の発達にも良い刺激となります。最近不安視されている子供の肥満や、糖尿病などの生活習慣病の予防のためにも、発芽玄米は大変効果的だと言えます。

便秘の解消と予防

発芽玄米食を始めた人がまず最初に気づく健康上の変化は、便通の快調さです。始めて2,3日くらいで早い人は、この変化を自覚します。発芽玄米は、食物繊維を多量に含む糖層や胚芽をつけているため、大腸の動きが促進され、便秘の解消や予防に大きな効果を表します。

高血圧症の改善

血圧のには、カリウム、マグネシウム、カルシウムや不飽和脂肪酸などが有効と言われていますが、発芽玄米はこれらの栄養素を含んでおり、ひと月程度、発芽玄米食を続けると高血圧が改善されると多数の報告がされています。

貧血の改善

貧血といっても、慢性感染症や、肝臓の疾患等様々な原因があり、それら全てを発芽玄米が解決するわけでありませんが、女性に多い鉄分の欠乏による貧血にの場合には、鉄分を含む発芽玄米は効果を発揮します。

発芽玄米の栄養と効果

白米は、どんな食事にでも合い、食感も良い為に大変使いやすいですが、栄養の面でいうならば、週に1,2食くらいは、玄米や発芽玄米を取り入れるか、白米に発芽玄米を混ぜて、体のケアを行うのが推奨されます。

まだまだ発芽玄米には、未知の部分もありますが、健康に気を付けている方や、家族の健康が気になる方は、万能食品の発芽玄米を取り入れて見ては如何でしょうか。

発芽玄米のおすすめ人気ランキング お米通販・人気ランキング

¥4580
レビュー平均:★★★★★
¥4860
レビュー平均:★★★★★
¥7380
レビュー平均:★★★★★